JAL国内線の持込可能な手荷物のサイズ制限は?100席未満編

JAL飛行機内に、手荷物を持込む場合のサイズ制限は、『100席以上飛行機』『100席未満飛行機』かによって区別されています。
100席以上飛行機に比べて、100席未満飛行機のほうが、小さい荷物しか持ち運ぶことができません。普段100席以上飛行機の乗り慣れていると、「いつもは持込めた荷物が持込めない」という状況にもなってしまいますので、特に注意が必要でしょう。
この記事では、100未満のJAL飛行機のなかに、持込める手荷物サイズの制限について、紹介していきます。

幅は45cm以内であれば持込める

『幅45cm』といってもピンとこないかもしれませんが、一般的なバッグでも、幅45cmを超えるバッグは普通にありますよ。社会人が通勤時に使うようなバッグが、幅35cm~幅45cm程度かと思われます。つまり、普通にスーツ姿の人が軽やかに持っているバッグでさえ、飛行機内には持込むことができない可能性もあるということです。

高さは35cm以内であれば持込める

高さ35cmも、少し大きめのバッグであれば、普通に超してしまいます。「キャリーバッグを持っていくほどでもないけど大きめのバッグで行くか」と旅行へ来てしまった方は注意が必要です。もちろん、キャリーバッグやボストンバッグの多くは、高さ35cmをこえることでしょう。

奥行は20cm以内であれば持込める

奥行20cmも、大きめのバッグであれば超えてしまいます。ランドセルなどが大体20cmの奥行です。これよりも奥行が広い場合は、持込むことができないでしょう。A4用紙の横幅が21cmですので、A4用紙に収まるかどうかで、持込み可能かを判断することができますよ。

重量制限は10kg以下 荷物の持込みは一つまで

上述したサイズ制限をクリアしていても、重さが10kg以下でなければ、機内に荷物を持込むことができません。お土産などで重たいものを買ってしまったときなどは、注意が必要でしょう。
また、荷物は一人一つしか持込むことができません。何個も荷物がある場合は、預けなければいけませんよ。

空港で荷物サイズを測れます

いくらサイズ制限があるといっても、空港で測ることができるので、ご安心ください。保安検査場で普通に測ってもらうことができるので、あなたはただ荷物を見せて、指示に従えばいいだけですよ、