JAL飛行機推奨、機内での手荷物の置き方には決まりがある!?

JAL飛行機内に手荷物を持っていって、その手荷物をひざの上に置いていませんか? あんまり客室乗務員に注意を受けることはありませんが、JALが推奨する荷物の置き場所があるようです。改めて考えてみると、ひざの上に荷物を置く行為は、とても危険なんですよ。
この記事では、JALが推奨している、手荷物の置く位置について、紹介をいたします。

ひざ上、足元はダメ!

飛行機内で手荷物を、自分のひざの上や、足元に置いている人を見かけます。これでは、危険なようです。まず、足元に荷物を置いており、急に揺れて衝撃を受けたします。足元の荷物が通路などに飛んでいってしまい、避難の妨げになってしまう恐れがあることが、足元に置いてはいけない理由です。
また、後ろから衝撃がきたときは、前かがみになることが安全という場合もあるようです。しかし、ひざ上に荷物を置いていると、前かがみになることができません。ひざ上に荷物を置いていると、自分の危険を招いてしまうようですよ。

トイレなどに行くときに、座席に荷物を置くのもダメですよ!

座席の上に荷物を置いているときに、衝撃などがおきてしまうと、荷物が飛んでいってしまうことがあり危険です。確かに、飛行機が揺れたり衝撃を起こすことはあまりないでしょう。しかし、離陸するときの迫力を考えてください。また、レールの上を走っている新幹線と違い、空は何があるかわかりません。
急な衝撃によって飛んでいった荷物によって、人に迷惑をかけないようにしなければいけません。

荷物を置く場所は、座席下か上部収納スペース

自分の座る座席の下には、荷物を収納するスペースがあるようです。ここに荷物を置いておけば、揺れても飛んでいくことがありません。また、一番定番の置く場所は、上部の収納スペースでしょう。少し面倒ですが、上部収納スペースに入れておけば確実です。

まとめ

飛行機に持込んだ荷物を、足元や座席の上に置いておくと、飛行機が揺れたときに飛んでいってしまうことがあります。もしも、何かの事故によって衝撃を受けたときに、荷物が通路に飛んでいってしまっては、避難の妨げになりますよ。持込んだ手荷物は、座席下の収納スペースに置いておくか、上部収納スペースに入れておきましょう。