JAL国内線での電子機器類を使用する上での注意事項は?

日本の大手航空会社でもあるJALですが、手荷物についてはまだまだ知らない部分があるという人も少なくないのではないでしょうか?特に、手荷物に関しては国内線、国際線でまた違ってきます。今回は、その中でも電子機器類の使用に関して紹介していきましょう。

電子機器類の使用について

JALでは、2014年9月からの航空法に定められる「安全阻害行為等」に関する大臣告示の改正によって、国の定める航空機の電波耐性確認要領に従っています。
簡単に言うと、航空機をより安全に過ごしてもらうため、機内での電子機器類の使用を制限しているのです。
使用に制限が設定されている機器に関しては、飛行機のドアが閉まって客室乗務員の案内によって機内モード等にするか、電源を切ることになっています。
万が一、違反者を発見した場合には、航空法施行規則第164条15の取り決めにより、50万円以下の罰金が科せられる可能性があるので注意しましょう。
また、預ける手荷物の中に電子機器類を入れる場合も、あらかじめ電源を切っておく必要があります。

制限がある電子機器類

基本的に、制限があるのは作動時に電波を発する状態となってしまう可能性の高い機器を言います。

・電波を発する状態にある電子機器

携帯電話
PHS
トランシーバー
無線操縦玩具
ワイヤレスマイク
パーソナルコンピュータ
携帯情報端末
電子ゲーム機
通信端末
無線式イヤホン、ヘッドホンなど

・作動時も電波を発しない電子機器

ポケベル
ラジオ
テレビ
DVDプレーヤー
デジタルカメラ
ビデオカメラ、ビデオプレーヤー
有線イヤホン、ヘッドホン
充電器
電子ペットなどの愛玩用おもちゃ

ただ、制限があるものであっても、航空機の種類によっては使用可能機材である場合もあるので、事前に確認しておく必要があります。
使用可能機材で会った場合は、地上走行~離陸、飛行中、降下中~着陸の間も使用が可能となります。
反対に、使用不可の電子機器類を持っている場合、搭乗から地上走行が開始されるまでの間と、着陸して地上走行~降機の際のみ使用可能となっています。
ほとんどの人が持って搭乗すると思われるスマホに関しては、使用制限対象の電子機器となるため注意しましょう。

Follow me!