JALで手荷物サービス、JALエクスプレス・タグサービスを活用

国内線に搭乗する際に、手荷物を預けるのが面倒だと感じたり、預ける時間を短縮したい場合には、便利なJALエクスプレス・タグサービスを活用することで、少しでも時間を短縮することができます。
どんなサービスなのかご紹介します。

JALエクスプレス・タグサービスとは?

国内線でも国際線でも荷物を機内に持ち込みときには、それなりの手続きが必要になってきますが、この手荷物を預けるときにはどうしても混み合ってしまい、思うように預けることができない場合もあります。
そんな時間ロスを少しでも減らすことができるのが、JALエクスプレス・タグサービスです。
このサービスを利用することで便利でスマートに搭乗することができます。

どんな手順でできる?

JALエクスプレス・タグサービスの手順は簡単で、出発前に座席指定まで申し込みを済ませておき、自分の預けたい荷物のサイズを事前に確認したら、専用の発行機でスマートタグを発行します。
このタグを取り付けて、手荷物を専用カウンターで渡すだけでお預けの手荷物の受付が完了します。
そのため有人カウンターで並んで手続きを取る必要がなく、短時間で搭乗できるという大きなメリットがあります。
まだ全ての空港で利用することができませんが、羽田空港、伊丹空港、新千歳空港、福岡空港、那覇空港ではこのJALエクスプレス・タグサービスを利用することができます。

利用するのに何が必要?

まず利用条件として事前に座席指定をしておくことが必要ですが、それ以外にはICカード、2次元バーコード、飛行機の搭乗券、おサイフケータイ(初期設定されているJALタッチ&ゴーアプリ、JALICポケットアプリ)のみとなります。
ただし、通常サイズの手荷物のみに利用ができるので、特別な梱包が必要なペットや楽器、スポーツ用品などでは利用することができません。
指定可能な座席がない場合や国際線旅程が含まれている場合などでも利用することができないので、きちんと確認してから利用してみましょう。
上手に活用することができると、搭乗にかかる手間や時間を大幅に短縮することができて便利です。