カテゴリーアーカイブ: 手荷物制限

JAL国内線を利用するときの手荷物はどうしたらいい?

JALの国内線の制限荷物は他の航空会社と異なるルールがあることをご存知でしょうか?
荷物を預ける際に便利なサービスを利用することも可能です。今回は、JAL国内線の荷物サービスについて紹介していきましょう。

JALのお預け荷物について

JAL国内線は、普通席またはクラスJを利用した場合、総重量20㎏まで荷物を無料で預けることができます。
ファーストクラスなら総重量45㎏までお預け可能です。
それぞれ総重量をオーバーしても超過料金さえ支払えば100㎏まで預けることもできますが、荷物1つに対し32㎏という制限があるので複数に荷物を分ける必要があるかもしれません。
サイズ制限は、50㎝×60㎝×120㎝以内です。
スキー板やスノーボード、ゴルフクラブなど大きなスポーツ用品は、サイズ制限を超えても預けることができます。

手ぶらでお預けサービスが便利!

JAL国内線の「手ぶらでお預けサービス」は、出発前に荷物を宅配便サービスまたはピックアップサービスを利用することで手荷物を持たなければならない負担が解消され手ぶらで移動できるという快適な旅のサポートサービスです。
交通事故などが起きた場合は荷物をお届けするまで想定外の時間がかかってしまう可能性があるため、時間に余裕を持って手続きするようにしましょう。
宅配便サービスは、搭乗手続きが済んだら手荷物を出発地空港に預けるだけであとは身軽に行動することができます。
利用料金は、荷物1個1,000円です。
消費税やカバー代は含まれていますが、現金または元払いのみでしか利用することができません。
1個あたりの重さは20㎏以内となっていますが、3辺が50㎝×60㎝×120㎝以内でれば個数制限はないので、他の荷物と合わせて100㎏までならサービスを利用することができます。
インターネットにて予約を行い自宅まで荷物を引き取りに来てもらい、指定の目的地(宿泊先やゴルフ場など)まで届けてもらうことができます。
旅行途中の空港などで荷物を受け取りをすることはできないので注意してください。
ピックアップサービスは国内線のグループ便のみのサービスです。

JAL国内線にベビーカーを持ち込むことはできる?

国内旅行をする際の交通手段には、電車やバス、自家用車など、様々なものがあります。
遠方への旅行の場合、特に便利なのが飛行機です。
しかし、飛行機には持ち込みが制限されているものが多数あります。
今回は、子連れ旅行には欠かせない、ベビーカーの持ち込みについて見ていきましょう。

ベビーカーは機内に持ち込むことができる?

赤ちゃんと外出する時、ベビーカーがあるととても便利ですよね。
旅行先でもベビーカーを利用したいと考える方も多いでしょう。
ベビーカーの機内持ち込みは、大きさによって制限されています。
JAL国内線の場合、手荷物許容量は、

・座席が100以上ある飛行機の場合:幅55cm、高さ40cm、奥行き25cm以内
・座席が100未満の飛行機の場合:幅45cm、高さ35cm、奥行き20cm以内

上記の条件を満たす手荷物を1個として、合計重量が10kgを超えない場合と定められています。
折りたたんだ状態でこの枠内に収めることのできるベビーカーであれば、手荷物として機内に持ち込むことができます。
ベビーカーが手荷物許容量の範囲外であった場合は、預け入れ荷物として空港で預けるのがオススメです。
ベビーカーの預け入れは無料ですが、他の荷物との合計重量が規定を超える場合は別途料金が必要になります。
事前に荷物の重さを確認しておくようにしましょう。

ベビーカーの持ち込み・預け入れの注意点

手荷物許容量の範囲内であればベビーカーの持ち込みは可能ですが、機内でベビーカーを使用することはできません。
乗り降りの際にも使用することはできないので、ベビーカーを持ち込む場合は、搭乗口を通過するまでに折りたたんでおく必要があります。
ベビーカーの専用カバーや保護カバーを持っている場合は、カバーに入れておくようにしましょう。
ベビーカーを預ける場合は、クッションやアクセサリー類を外しておくようにしましょう。
付属品を付けたまま預けると紛失や、ベビーカーの破損につながってしまうことがあります。
搭乗口付近や手荷物カウンター付近は、混雑することが予想されます。
ベビーカーの折りたたみやアクセサリーの取り外しは早い段階で終えておくようにしましょう。

JAL国内線での電子機器類を使用する上での注意事項は?

日本の大手航空会社でもあるJALですが、手荷物についてはまだまだ知らない部分があるという人も少なくないのではないでしょうか?特に、手荷物に関しては国内線、国際線でまた違ってきます。今回は、その中でも電子機器類の使用に関して紹介していきましょう。

電子機器類の使用について

JALでは、2014年9月からの航空法に定められる「安全阻害行為等」に関する大臣告示の改正によって、国の定める航空機の電波耐性確認要領に従っています。
簡単に言うと、航空機をより安全に過ごしてもらうため、機内での電子機器類の使用を制限しているのです。
使用に制限が設定されている機器に関しては、飛行機のドアが閉まって客室乗務員の案内によって機内モード等にするか、電源を切ることになっています。
万が一、違反者を発見した場合には、航空法施行規則第164条15の取り決めにより、50万円以下の罰金が科せられる可能性があるので注意しましょう。
また、預ける手荷物の中に電子機器類を入れる場合も、あらかじめ電源を切っておく必要があります。

制限がある電子機器類

基本的に、制限があるのは作動時に電波を発する状態となってしまう可能性の高い機器を言います。

・電波を発する状態にある電子機器

携帯電話
PHS
トランシーバー
無線操縦玩具
ワイヤレスマイク
パーソナルコンピュータ
携帯情報端末
電子ゲーム機
通信端末
無線式イヤホン、ヘッドホンなど

・作動時も電波を発しない電子機器

ポケベル
ラジオ
テレビ
DVDプレーヤー
デジタルカメラ
ビデオカメラ、ビデオプレーヤー
有線イヤホン、ヘッドホン
充電器
電子ペットなどの愛玩用おもちゃ

ただ、制限があるものであっても、航空機の種類によっては使用可能機材である場合もあるので、事前に確認しておく必要があります。
使用可能機材で会った場合は、地上走行~離陸、飛行中、降下中~着陸の間も使用が可能となります。
反対に、使用不可の電子機器類を持っている場合、搭乗から地上走行が開始されるまでの間と、着陸して地上走行~降機の際のみ使用可能となっています。
ほとんどの人が持って搭乗すると思われるスマホに関しては、使用制限対象の電子機器となるため注意しましょう。

JALで手荷物サービス、JALエクスプレス・タグサービスを活用

国内線に搭乗する際に、手荷物を預けるのが面倒だと感じたり、預ける時間を短縮したい場合には、便利なJALエクスプレス・タグサービスを活用することで、少しでも時間を短縮することができます。
どんなサービスなのかご紹介します。

JALエクスプレス・タグサービスとは?

国内線でも国際線でも荷物を機内に持ち込みときには、それなりの手続きが必要になってきますが、この手荷物を預けるときにはどうしても混み合ってしまい、思うように預けることができない場合もあります。
そんな時間ロスを少しでも減らすことができるのが、JALエクスプレス・タグサービスです。
このサービスを利用することで便利でスマートに搭乗することができます。

どんな手順でできる?

JALエクスプレス・タグサービスの手順は簡単で、出発前に座席指定まで申し込みを済ませておき、自分の預けたい荷物のサイズを事前に確認したら、専用の発行機でスマートタグを発行します。
このタグを取り付けて、手荷物を専用カウンターで渡すだけでお預けの手荷物の受付が完了します。
そのため有人カウンターで並んで手続きを取る必要がなく、短時間で搭乗できるという大きなメリットがあります。
まだ全ての空港で利用することができませんが、羽田空港、伊丹空港、新千歳空港、福岡空港、那覇空港ではこのJALエクスプレス・タグサービスを利用することができます。

利用するのに何が必要?

まず利用条件として事前に座席指定をしておくことが必要ですが、それ以外にはICカード、2次元バーコード、飛行機の搭乗券、おサイフケータイ(初期設定されているJALタッチ&ゴーアプリ、JALICポケットアプリ)のみとなります。
ただし、通常サイズの手荷物のみに利用ができるので、特別な梱包が必要なペットや楽器、スポーツ用品などでは利用することができません。
指定可能な座席がない場合や国際線旅程が含まれている場合などでも利用することができないので、きちんと確認してから利用してみましょう。
上手に活用することができると、搭乗にかかる手間や時間を大幅に短縮することができて便利です。

JALの国内線でスポーツ用品を手荷物として持ち込める?

季節によってスポーツが盛んになり、遠出して楽しむ方もいると思います。
しかし、そこで気になるのが国内線にスポーツ用品を持ち込むことができるか?ということです。
JALの国内線の手荷物としてスポーツ用品を持ち込むことができるのでしょうか?

荷物は無料?有料?

JALの国内線の手荷物としてスポーツ用品(ゴルフ、スキー、スノーボード、水上スキー、サーフボード、ウィンドサーフィン)を持ち込む場合、料金はかかってくるのでしょうか?
サーフボードやウィンドサーフィンは、無料手荷物許容量を超えてしまうため別に料金がかかってしまいますが、他のスポーツ用品は一般の手荷物と同じ取扱いになれば料金をかけずに預けることができます。
ただし、重量や個数は通常の手荷物と同じ基準となるので、基準外になれば無料ではなく、有料となってしまうでしょう。
それ以外に、ダイビング用品と一緒に水中ライトや酸素などを持ち込む場合には、ライトの熱源もしくは電源を取り外した状態、酸素ならボトルを空の状態にしておけば、機内に持ち込むこともできます。
他にもスポーツに欠かせないスプレー缶用品については、LPガス・LPGガス・DMEガスなど引火性ガスや毒性ガス以外のものが条件となっています。
内容量も、0.5㎏もしくは0.5リットル以下のものを2㎏もしくは2リットルまでという規制があります。
スポーツ用品だけでなく、他の付属品も国内線の機内の持ち込めるか確認してみましょう。

持ち込めない場合もある?

基準を満たしていても、搭乗する国内線によっては手荷物を預かってもらえない場合もあります。
まずRAC、JAC便に搭乗する場合は小型機で運行するため、機内のスペースや貨物室のスペースの関係上、寸法が長いスポーツ用品は稀に預かることができない場合もあります。
さらに、当日の預かり状況などによっては預かりできない場合もあるので、事前に持ち込まずに直接自宅などに送るなどの手段を取らなければならない場合もあります。
確実に手荷物の持ち込みができるか事前に確認を取っておくか、国内線の手荷物として持ち込むことをやめて、直接郵送で送るなどのいくつかの方法を考えておくと良いでしょう。

JAL国内線の持込可能な手荷物のサイズ制限は?100席未満編

JAL飛行機内に、手荷物を持込む場合のサイズ制限は、『100席以上飛行機』『100席未満飛行機』かによって区別されています。
100席以上飛行機に比べて、100席未満飛行機のほうが、小さい荷物しか持ち運ぶことができません。普段100席以上飛行機の乗り慣れていると、「いつもは持込めた荷物が持込めない」という状況にもなってしまいますので、特に注意が必要でしょう。
この記事では、100未満のJAL飛行機のなかに、持込める手荷物サイズの制限について、紹介していきます。

幅は45cm以内であれば持込める

『幅45cm』といってもピンとこないかもしれませんが、一般的なバッグでも、幅45cmを超えるバッグは普通にありますよ。社会人が通勤時に使うようなバッグが、幅35cm~幅45cm程度かと思われます。つまり、普通にスーツ姿の人が軽やかに持っているバッグでさえ、飛行機内には持込むことができない可能性もあるということです。

高さは35cm以内であれば持込める

高さ35cmも、少し大きめのバッグであれば、普通に超してしまいます。「キャリーバッグを持っていくほどでもないけど大きめのバッグで行くか」と旅行へ来てしまった方は注意が必要です。もちろん、キャリーバッグやボストンバッグの多くは、高さ35cmをこえることでしょう。

奥行は20cm以内であれば持込める

奥行20cmも、大きめのバッグであれば超えてしまいます。ランドセルなどが大体20cmの奥行です。これよりも奥行が広い場合は、持込むことができないでしょう。A4用紙の横幅が21cmですので、A4用紙に収まるかどうかで、持込み可能かを判断することができますよ。

重量制限は10kg以下 荷物の持込みは一つまで

上述したサイズ制限をクリアしていても、重さが10kg以下でなければ、機内に荷物を持込むことができません。お土産などで重たいものを買ってしまったときなどは、注意が必要でしょう。
また、荷物は一人一つしか持込むことができません。何個も荷物がある場合は、預けなければいけませんよ。

空港で荷物サイズを測れます

いくらサイズ制限があるといっても、空港で測ることができるので、ご安心ください。保安検査場で普通に測ってもらうことができるので、あなたはただ荷物を見せて、指示に従えばいいだけですよ、

JAL国内線の持込可能な手荷物のサイズ制限は?100席以上編

JAL飛行機に乗って旅行に行こうとしている場合、「飛行機のなかに持って行けるバッグのサイズに制限はあるのだろうか?」という疑問を持つ方も、多いのではないでしょうか。

JAL飛行機の手荷物機内持込サイズ制限は、『100席以上の飛行機の場合』『100席未満の飛行機の場合』で分けられています。自分の乗る飛行機が、100席以上か100席未満かによって、持込める手荷物のサイズ制限が変わってきますので、注意が必要です。
この記事では、100席以上のJAL飛行機に乗る場合の、手荷物機内持込サイズ制限について、紹介いたします。

幅は55cm以内までなら持込可能

一般的なバッグであれば、問題なく持込むことができるでしょう。例えば、会社員が持っているような、A4書類とパソコンを収納できるようなバッグであれば、大半が幅55cm以内です。ちなみに、A4の紙の横幅が、約30cmとなっています。
ボストンバッグのような大きめのバッグですと、55cm以上になってしまうこともよくあります。事前にサイズを測っておくのがよさそうです。

高さは40cm以内までなら持込可能

高さが40cmということなので、一般的なバッグであればクリアできます。しかし、スーツケースのようなものですと、高さ40cmのものもたくさんあります。やはり、旅行に持っていくようなバッグの場合は、サイズ制限オーバーとなってしまうことが多いようです。

奥行は25cm以内であれば、持込可能

奥行は、一般的なバッグであっても、25cmを超えてしまうことがあります。例えるならば、ランドセルの奥行が、約20cm前後と言われています。ランドセルよりも奥行が広いと思われるバッグは、注意が必要ですね。

三辺が115cm以内でなければいけない

幅、高さ、奥行の合計が、115cm以内でないと、機内に持ち込むことができません。
例えば、幅、高さ、奥行ともに、サイズ制限をギリギリクリアしているとしましょう。しかし、『幅55cm+高さ40cm+奥行25cm=三辺125cm』と、幅、高さ、奥行のサイズ制限はそれぞれクリアをしていても、三辺の合計でサイズ制限に引っかかる場合もあるので、注意が必要です。

機内持込できる手荷物は一つまで。 重量は10kg以下まで

上述したサイズをクリアしている荷物を一つまで機内に持ち込むことができます。また、重さ制限もあり、10kg以下までの荷物しか持ち込むことができないので注意しましょう。