「手荷物の置き方」カテゴリーアーカイブ

JAL国内線の手荷物で破損・紛失があった場合はどう対処する?

JAL国内線を利用するにあたり、万が一手荷物の破損・紛失があった場合はどのように対処する必要があるのでしょうか?
いつ自分がその対象になるかわかりませんし、JAL国内線を利用する機会が多くなればなるほど、そうした事態に陥る可能性が高くなるでしょう。
手荷物に関しては、破損や紛失ばかりでなく、忘れ物をしてしまうことや取り間違いが起こることも少なくありません。
いずれにしても、利用した航空会社に問い合わせる必要があります。

手荷物の破損に関して

到着時に破損に気付いた場合、空港係員へ申告しましょう。
空港を離れてから気付いた場合、受け取りの翌日から7日以内の申告期限内であれば航空会社に問い合わせることができます。
申告期限を過ぎてしまった場合、対応できないことがあるので期限を把握しておくことが大切です。
手荷物の破損に関しては、補償となる対象のものと、責任を負えないものとに分かれます。

  • 補償はどこまで?
    補償対象になったものは、修理対応が原則となっています。ただ、状態や時間的な要因を考慮して修理以外の対応を取ることももちろんあります。補償限度額に関しては、お客様1人あたり15万円という上限が決まっており、それを超える場合は超える額につき1万円ごとの従価料金を支払えば申告価額を補償限度額となる仕組みです。
  • 補償できないもの
    楽器やスポーツ用品、陶磁器、ガラス製品、酒類など、一部の手荷物に関しては、万が一損害が生じても対応してくれません。何が補償してくれるのか、どんなものが補償できないのかをあらかじめチェックしておきましょう。

手荷物の紛失に関して

手荷物の紛失がわかった場合、手荷物の捜索やそれに伴って必要な手続きを済ませなければなりません。

・発見できた場合

今後必要な手続き、返却についての案内を経てから、手元に戻ってきます。

・発見できなかった場合

万が一、紛失した手荷物を発見できなかった場合、こちらも様々な手続きが必要になります。
翌日以降に手荷物の情報を原則として毎日行ってくれますが、申告から10日間捜索しても見つからなかった場合は、賠償の案内へと変更される流れになるでしょう。