JAL国内線にベビーカーを持ち込むことはできる?

国内旅行をする際の交通手段には、電車やバス、自家用車など、様々なものがあります。
遠方への旅行の場合、特に便利なのが飛行機です。
しかし、飛行機には持ち込みが制限されているものが多数あります。
今回は、子連れ旅行には欠かせない、ベビーカーの持ち込みについて見ていきましょう。

ベビーカーは機内に持ち込むことができる?

赤ちゃんと外出する時、ベビーカーがあるととても便利ですよね。
旅行先でもベビーカーを利用したいと考える方も多いでしょう。
ベビーカーの機内持ち込みは、大きさによって制限されています。
JAL国内線の場合、手荷物許容量は、

・座席が100以上ある飛行機の場合:幅55cm、高さ40cm、奥行き25cm以内
・座席が100未満の飛行機の場合:幅45cm、高さ35cm、奥行き20cm以内

上記の条件を満たす手荷物を1個として、合計重量が10kgを超えない場合と定められています。
折りたたんだ状態でこの枠内に収めることのできるベビーカーであれば、手荷物として機内に持ち込むことができます。
ベビーカーが手荷物許容量の範囲外であった場合は、預け入れ荷物として空港で預けるのがオススメです。
ベビーカーの預け入れは無料ですが、他の荷物との合計重量が規定を超える場合は別途料金が必要になります。
事前に荷物の重さを確認しておくようにしましょう。

ベビーカーの持ち込み・預け入れの注意点

手荷物許容量の範囲内であればベビーカーの持ち込みは可能ですが、機内でベビーカーを使用することはできません。
乗り降りの際にも使用することはできないので、ベビーカーを持ち込む場合は、搭乗口を通過するまでに折りたたんでおく必要があります。
ベビーカーの専用カバーや保護カバーを持っている場合は、カバーに入れておくようにしましょう。
ベビーカーを預ける場合は、クッションやアクセサリー類を外しておくようにしましょう。
付属品を付けたまま預けると紛失や、ベビーカーの破損につながってしまうことがあります。
搭乗口付近や手荷物カウンター付近は、混雑することが予想されます。
ベビーカーの折りたたみやアクセサリーの取り外しは早い段階で終えておくようにしましょう。

Follow me!