JAL飛行機国内線 機内には持込めるが、注意が必要なアイテム

JAL飛行機内に持込めるバッグのサイズには制限があります。しかし、たとえサイズ制限をクリアしていても、持込み禁止アイテムを所持してのフライトはできません。持込み禁止アイテムの代表例は、スプレー類や凶器類です。

この記事では、機内に持込むことはできるけれど、注意をしなければいけないアイテムについての、紹介を致します。

ライターは一人一個まで

意外なことに、JAL飛行機内には、ライターを持込むことができます。しかし、一人一個までしか持込むことができないようです。よく「飛行機にライターを持込むことができる」という認識でいる人が、二つ以上持込もうとすることがあるので注意が必要です。

私も以前、お土産として煙草好きの友人たちに、オシャレなライターを購入しました。しかし、ライターが複数であったため、注意を受けたことがあります。もちろん、預けることは可能ですので、安心してくださいね。

飲料は、保安検査で見せなければいけない

危険な液体でないかを見分けるために、飲料水やアルコール類は、保安検査で見せなければいけません。確かに、ペットボトルに入っているジュースが危険であるはずがありません。しかし、ペットボトルのジュースと見せかけて、灯油だったなんてことがあっては、大変危険でしょう。バッグから出して見せるだけで、機内には持込むことができるので、飛行機のなかでジュースやお酒を楽しむことができますよ。

パソコンも、保安検査で見せなければいけない

「パソコンなんて危険じゃないよ」といいたいところですが、保安検査では見せないといけないようです。とは言っても、見せれば普通に通ることができますよ。特に、ビジネスなどで飛行機を利用する場合には、パソコンを飛行機に持っていきたい方も多いのではないでしょうか。保安検査のときは、パソコンを取り出せるようにしておいてくださいね。ちなみに、タブレット系の端末も、見せなければいけないようですよ。

まとめ

この記事では、JAL飛行機には持込めるけれど、注意が必要なアイテムについて紹介いたしました。
JAL飛行機へはライターを持込むことができますが、一人一個までしか持込むことができないので、注意が必要です。また、飲料水なども、危険物でないかの確認のために見せる必要があります。パソコンも保安検査時には見せなければいけないので、取り出せるようにしておきましょう。