JAL国内線の持込可能な手荷物のサイズ制限は?100席以上編

JAL飛行機に乗って旅行に行こうとしている場合、「飛行機のなかに持って行けるバッグのサイズに制限はあるのだろうか?」という疑問を持つ方も、多いのではないでしょうか。

JAL飛行機の手荷物機内持込サイズ制限は、『100席以上の飛行機の場合』『100席未満の飛行機の場合』で分けられています。自分の乗る飛行機が、100席以上か100席未満かによって、持込める手荷物のサイズ制限が変わってきますので、注意が必要です。
この記事では、100席以上のJAL飛行機に乗る場合の、手荷物機内持込サイズ制限について、紹介いたします。

幅は55cm以内までなら持込可能

一般的なバッグであれば、問題なく持込むことができるでしょう。例えば、会社員が持っているような、A4書類とパソコンを収納できるようなバッグであれば、大半が幅55cm以内です。ちなみに、A4の紙の横幅が、約30cmとなっています。
ボストンバッグのような大きめのバッグですと、55cm以上になってしまうこともよくあります。事前にサイズを測っておくのがよさそうです。

高さは40cm以内までなら持込可能

高さが40cmということなので、一般的なバッグであればクリアできます。しかし、スーツケースのようなものですと、高さ40cmのものもたくさんあります。やはり、旅行に持っていくようなバッグの場合は、サイズ制限オーバーとなってしまうことが多いようです。

奥行は25cm以内であれば、持込可能

奥行は、一般的なバッグであっても、25cmを超えてしまうことがあります。例えるならば、ランドセルの奥行が、約20cm前後と言われています。ランドセルよりも奥行が広いと思われるバッグは、注意が必要ですね。

三辺が115cm以内でなければいけない

幅、高さ、奥行の合計が、115cm以内でないと、機内に持ち込むことができません。
例えば、幅、高さ、奥行ともに、サイズ制限をギリギリクリアしているとしましょう。しかし、『幅55cm+高さ40cm+奥行25cm=三辺125cm』と、幅、高さ、奥行のサイズ制限はそれぞれクリアをしていても、三辺の合計でサイズ制限に引っかかる場合もあるので、注意が必要です。

機内持込できる手荷物は一つまで。 重量は10kg以下まで

上述したサイズをクリアしている荷物を一つまで機内に持ち込むことができます。また、重さ制限もあり、10kg以下までの荷物しか持ち込むことができないので注意しましょう。

楽器が一緒でも安心! JALの楽器とおでかけサービス

大切な楽器と一緒に飛行機に乗って出掛けたり、旅行をする際はJALが提供している「楽器とおでかけサービス」を利用するととても便利です。
もちろん条件が揃っていれば楽器を機内に持ち込むこともできますが、大きさによっては持ち込みできない場合もあるので心配です。
JAL国内線の「楽器とおでかけサービス」を利用して、安心した空の旅を実現させてみませんか?

サイズ3辺の合計が115㎝以内なら無料で持ち込みOK

楽器ケースの3辺の合計が115㎝以内だった場合は機内に無料で持ち込むことができ、座席上にある収納棚に入れてフライトすることができます。
しかし、小型機の場合は規格が100㎝以内になるので注意してください。
各辺の長さが超える場合は、係員に知らせサイズの確認を行ってもらいます。

幅55㎝×高さ40㎝×奥行25㎝(小型機の場合は、高さ45㎝×高さ35㎝×20㎝)

サイズを越えた場合は手荷物カウンターへ!

楽器ケースの3辺合計が115㎝をオーバーしてしまった場合は、手荷物カウンターに預けましょう。
クッション性のある小型楽器用の輸送コンテナが用意されているので、内寸:幅90㎝×高さ30㎝×奥行40㎝のコンテナに納められる楽器であれば予約なしでコンテナを借りることができます。
コントラバスやウッドベースなど大型楽器は、事前に予約しておけば輸送ケースをレンタルすることもできます。
数に制限があるので、搭乗予定便出発の48時間前までには申し込みを済ませておくようにしましょう。
また、ギター専用の貸し出しケースもあるので必要な方は、空港係員に尋ねてみてください。
こちらは事前予約の必要はありません。

JAL専用のバイオリンケースで持ち込み可能になることも

もしも、自身のバイオリンケースが規定サイズを超えていたとしても貸し出し専用のバイオリンケースに入れ替えられることができれば機内にそのまま持ち込むことができます。
自身のバイオリンケースは手荷物として預けてください。
楽器の入れ替え作業は自分で行わなければなりませんが、事前に予約することもないので手続きの負担も軽減されるでしょう。