JAL国内線の持込可能な手荷物のサイズ制限は?100席以上編

JAL飛行機に乗って旅行に行こうとしている場合、「飛行機のなかに持って行けるバッグのサイズに制限はあるのだろうか?」という疑問を持つ方も、多いのではないでしょうか。

JAL飛行機の手荷物機内持込サイズ制限は、『100席以上の飛行機の場合』『100席未満の飛行機の場合』で分けられています。自分の乗る飛行機が、100席以上か100席未満かによって、持込める手荷物のサイズ制限が変わってきますので、注意が必要です。
この記事では、100席以上のJAL飛行機に乗る場合の、手荷物機内持込サイズ制限について、紹介いたします。

幅は55cm以内までなら持込可能

一般的なバッグであれば、問題なく持込むことができるでしょう。例えば、会社員が持っているような、A4書類とパソコンを収納できるようなバッグであれば、大半が幅55cm以内です。ちなみに、A4の紙の横幅が、約30cmとなっています。
ボストンバッグのような大きめのバッグですと、55cm以上になってしまうこともよくあります。事前にサイズを測っておくのがよさそうです。

高さは40cm以内までなら持込可能

高さが40cmということなので、一般的なバッグであればクリアできます。しかし、スーツケースのようなものですと、高さ40cmのものもたくさんあります。やはり、旅行に持っていくようなバッグの場合は、サイズ制限オーバーとなってしまうことが多いようです。

奥行は25cm以内であれば、持込可能

奥行は、一般的なバッグであっても、25cmを超えてしまうことがあります。例えるならば、ランドセルの奥行が、約20cm前後と言われています。ランドセルよりも奥行が広いと思われるバッグは、注意が必要ですね。

三辺が115cm以内でなければいけない

幅、高さ、奥行の合計が、115cm以内でないと、機内に持ち込むことができません。
例えば、幅、高さ、奥行ともに、サイズ制限をギリギリクリアしているとしましょう。しかし、『幅55cm+高さ40cm+奥行25cm=三辺125cm』と、幅、高さ、奥行のサイズ制限はそれぞれクリアをしていても、三辺の合計でサイズ制限に引っかかる場合もあるので、注意が必要です。

機内持込できる手荷物は一つまで。 重量は10kg以下まで

上述したサイズをクリアしている荷物を一つまで機内に持ち込むことができます。また、重さ制限もあり、10kg以下までの荷物しか持ち込むことができないので注意しましょう。

チェックイン不要!JALタッチ&ゴーサービスを活用しよう

旅行や出張の際に便利な飛行機ですが、搭乗までの待ち時間が長い・チェックインが面倒と感じる方は少なくありません。
JAL国内線を利用する場合は、「JALタッチ&ゴー」サービスを利用することで待ち時間や手間を削減することができます。
サービスの内容・利用方法について、詳しく見ていきましょう。

JALタッチ&ゴーサービスとは?

JALタッチ&ゴーサービスは、ネット上で搭乗に必要な手続きを済ませ、空港でのチェックインを省略するサービスのことです。
このサービスを利用すれば、チェックインを行わずに直接保安検査場へ行くことができるため、空港での待ち時間を大幅に短縮することができます。
タッチ&ゴーサービスの利用に必要なものは、
・スマートフォン
・ICカード
・2次元バーコードを印刷したもの
のいずれか1点です。

搭乗前の準備

まず、JALの公式サイトから「国内線航空券予約」を行います。
コードシェア便ではタッチ&ゴーサービスは利用できないので、注意しましょう。
航空券の予約、購入、座席指定が完了すると、搭乗方法が「タッチ&ゴー」に変更されます。
変更されない場合は、タッチ&ゴーを利用するために必要な手順が表示されるので、表示に従って登録を行いましょう。
タッチ&ゴーへの変更が確認できたら、完了画面や確認画面から二次元バーコードを取得します。
スマートフォンを利用する場合は、Androidなら「JALタッチ&ゴー」アプリ、iOSなら「Wallet(Passbook)」の利用がオススメです。
また、JMB会員であればJALカードでタッチ&ゴーサービスを利用することができます。

空港での流れ

空港に着いたら保安検査場へ向かい、端末機にスマートフォンやカードをタッチします。
「ご搭乗案内」が発行されるので、案内に従って搭乗しましょう。
手荷物を預ける場合は、保安検査場へ向かう前に手荷物カウンターで預けておきます。
手荷物を預ける際にもバーコードの提示が必要なるので、バーコードは早めに準備しておくようにしましょう。

タッチ&ゴーサービスを利用すれば、これまで以上に快適にJAL国内線を利用することができます。
JAL国内線を利用する際は、ぜひタッチ&ゴーサービスを利用してみてください。