JAL 国内線 持込可能な手荷物のサイズ制限は? 100席以上編

JAL飛行機に乗って旅行に行こうとしている場合、「飛行機のなかに持って行けるバッグのサイズに制限はあるのだろうか?」という疑問を持つ方も、多いのではないでしょうか。
JAL飛行機の手荷物機内持込サイズ制限は、『100席以上の飛行機の場合』と『100席未満の飛行機の場合』で分けられています。自分の乗る飛行機が、100席以上か100席未満かによって、持込める手荷物のサイズ制限が変わってきますので、注意が必要です。
この記事では、100席以上のJAL飛行機に乗る場合の、手荷物機内持込サイズ制限について、紹介いたします。

■幅は55cm以内までなら持込可能

一般的なバッグであれば、問題なく持込むことができるでしょう。例えば、会社員が持っているような、A4書類とパソコンを収納できるようなバッグであれば、大半が幅55cm以内です。ちなみに、A4の紙の横幅が、約30cmとなっています。
ボストンバッグのような大きめのバッグですと、55cm以上になってしまうこともよくあります。事前にサイズを測っておくのがよさそうです。

■高さは40cm以内までなら持込可能

高さが40cmということなので、一般的なバッグであればクリアできます。しかし、スーツケースのようなものですと、高さ40cmのものもたくさんあります。やはり、旅行に持っていくようなバッグの場合は、サイズ制限オーバーとなってしまうことが多いようです。

■奥行は25cm以内であれば、持込可能

奥行は、一般的なバッグであっても、25cmを超えてしまうことがあります。例えるならば、ランドセルの奥行が、約20cm前後と言われています。ランドセルよりも奥行が広いと思われるバッグは、注意が必要ですね。

■三辺が115cm以内でなければいけない

幅、高さ、奥行の合計が、115cm以内でないと、機内に持ち込むことができません。
例えば、幅、高さ、奥行ともに、サイズ制限をギリギリクリアしているとしましょう。しかし、『幅55cm+高さ40cm+奥行25cm=三辺125cm』と、幅、高さ、奥行のサイズ制限はそれぞれクリアをしていても、三辺の合計でサイズ制限に引っかかる場合もあるので、注意が必要です。

■機内持込できる手荷物は一つまで。 重量は10kg以下まで

上述したサイズをクリアしている荷物を一つまで機内に持ち込むことができます。また、重さ制限もあり、10kg以下までの荷物しか持ち込むことができないので注意しましょう。

投稿日:

JAL 国内線 持込可能な手荷物のサイズ制限は? 100席未満編

JAL飛行機内に、手荷物を持込む場合のサイズ制限は、『100席以上飛行機』か『100席未満飛行機』かによって区別されています。
100席以上飛行機に比べて、100席未満飛行機のほうが、小さい荷物しか持ち運ぶことができません。普段100席以上飛行機の乗り慣れていると、「いつもは持込めた荷物が持込めない」という状況にもなってしまいますので、特に注意が必要でしょう。
この記事では、100未満のJAL飛行機のなかに、持込める手荷物サイズの制限について、紹介していきます。

■幅は45cm以内であれば持込める

『幅45cm』といってもピンとこないかもしれませんが、一般的なバッグでも、幅45cmを超えるバッグは普通にありますよ。社会人が通勤時に使うようなバッグが、幅35cm~幅45cm程度かと思われます。つまり、普通にスーツ姿の人が軽やかに持っているバッグでさえ、飛行機内には持込むことができない可能性もあるということです。

■高さは35cm以内であれば持込める

高さ35cmも、少し大きめのバッグであれば、普通に超してしまいます。「キャリーバッグを持っていくほどでもないけど大きめのバッグで行くか」と旅行へ来てしまった方は注意が必要です。もちろん、キャリーバッグやボストンバッグの多くは、高さ35cmをこえることでしょう。

■奥行は20cm以内であれば持込める

奥行20cmも、大きめのバッグであれば超えてしまいます。ランドセルなどが大体20cmの奥行です。これよりも奥行が広い場合は、持込むことができないでしょう。A4用紙の横幅が21cmですので、A4用紙に収まるかどうかで、持込み可能かを判断することができますよ。

■重量制限は10kg以下 荷物の持込みは一つまで

上述したサイズ制限をクリアしていても、重さが10kg以下でなければ、機内に荷物を持込むことができません。お土産などで重たいものを買ってしまったときなどは、注意が必要でしょう。
また、荷物は一人一つしか持込むことができません。何個も荷物がある場合は、預けなければいけませんよ。

■空港で荷物サイズを測れます

いくらサイズ制限があるといっても、空港で測ることができるので、ご安心ください。保安検査場で普通に測ってもらうことができるので、あなたはただ荷物を見せて、指示に従えばいいだけですよ、

投稿日:

JAL飛行機 飛行機内での手荷物の置き方には決まりがある!?

JAL飛行機内に手荷物を持っていって、その手荷物をひざの上に置いていませんか? あんまり客室乗務員に注意を受けることはありませんが、JALが推奨する荷物の置き場所があるようです。改めて考えてみると、ひざの上に荷物を置く行為は、とても危険なんですよ。
 この記事では、JALが推奨している、手荷物の置く位置について、紹介をいたします。

■ひざ上、足元はダメ!

飛行機内で手荷物を、自分のひざの上や、足元に置いている人を見かけます。これでは、危険なようです。まず、足元に荷物を置いており、急に揺れて衝撃を受けたします。足元の荷物が通路などに飛んでいってしまい、避難の妨げになってしまう恐れがあることが、足元に置いてはいけない理由です。
また、後ろから衝撃がきたときは、前かがみになることが安全という場合もあるようです。しかし、ひざ上に荷物を置いていると、前かがみになることができません。ひざ上に荷物を置いていると、自分の危険を招いてしまうようですよ。

■トイレなどに行くときに、座席に荷物を置くのもダメですよ!

座席の上に荷物を置いているときに、衝撃などがおきてしまうと、荷物が飛んでいってしまうことがあり危険です。確かに、飛行機が揺れたり衝撃を起こすことはあまりないでしょう。しかし、離陸するときの迫力を考えてください。また、レールの上を走っている新幹線と違い、空は何があるかわかりません。
急な衝撃によって飛んでいった荷物によって、人に迷惑をかけないようにしなければいけません。

■荷物を置く場所は、座席下か上部収納スペース

自分の座る座席の下には、荷物を収納するスペースがあるようです。ここに荷物を置いておけば、揺れても飛んでいくことがありません。また、一番定番の置く場所は、上部の収納スペースでしょう。少し面倒ですが、上部収納スペースに入れておけば確実です。

■まとめ

飛行機に持込んだ荷物を、足元や座席の上に置いておくと、飛行機が揺れたときに飛んでいってしまうことがあります。もしも、何かの事故によって衝撃を受けたときに、荷物が通路に飛んでいってしまっては、避難の妨げになりますよ。持込んだ手荷物は、座席下の収納スペースに置いておくか、上部収納スペースに入れておきましょう。

投稿日:

JAL飛行機国内線 機内には持込めるが、注意が必要なアイテム

JAL飛行機内に持込めるバッグのサイズには制限があります。しかし、たとえサイズ制限をクリアしていても、持込み禁止アイテムを所持してのフライトはできません。持込み禁止アイテムの代表例は、スプレー類や凶器類です。
この記事では、機内に持込むことはできるけれど、注意をしなければいけないアイテムについての、紹介を致いたします。

■ライターは一人一個まで

意外なことに、JAL飛行機内には、ライターを持込むことができます。しかし、一人一個までしか持込むことができないようです。よく「飛行機にライターを持込むことができる」という認識でいる人が、二つ以上持込もうとすることがあるので注意が必要です。
私も以前、お土産として煙草好きの友人たちに、オシャレなライターを購入しました。しかし、ライターが複数であったため、注意を受けたことがあります。もちろん、預けることは可能ですので、安心してくださいね。

■飲料は、保安検査で見せなければいけない

危険な液体でないかを見分けるために、飲料水やアルコール類は、保安検査で見せなければいけません。確かに、ペットボトルに入っているジュースが危険であるはずがありません。しかし、ペットボトルのジュースと見せかけて、灯油だったなんてことがあっては、大変危険でしょう。バッグから出して見せるだけで、機内には持込むことができるので、飛行機のなかでジュースやお酒を楽しむことができますよ。

■パソコンも、保安検査で見せなければいけない

「パソコンなんて危険じゃないよ」といいたいところですが、保安検査では見せないといけないようです。とは言っても、見せれば普通に通ることができますよ。特に、ビジネスなどで飛行機を利用する場合には、パソコンを飛行機に持っていきたい方も多いのではないでしょうか。保安検査のときは、パソコンを取り出せるようにしておいてくださいね。ちなみに、タブレット系の端末も、見せなければいけないようですよ。

■まとめ

この記事では、JAL飛行機には持込めるけれど、注意が必要なアイテムについて紹介いたしました。
JAL飛行機へはライターを持込むことができますが、一人一個までしか持込むことができないので、注意が必要です。また、飲料水なども、危険物でないかの確認のために見せる必要があります。パソコンも保安検査時には見せなければいけないので、取り出せるようにしておきましょう。

投稿日:

JAL飛行機 飛行機内での手荷物の置き方には決まりがある!?

JAL飛行機内に手荷物を持っていって、その手荷物をひざの上に置いていませんか? あんまり客室乗務員に注意を受けることはありませんが、JALが推奨する荷物の置き場所があるようです。改めて考えてみると、ひざの上に荷物を置く行為は、とても危険なんですよ。
この記事では、JALが推奨している、手荷物の置く位置について、紹介をいたします。

■ひざ上、足元はダメ!

飛行機内で手荷物を、自分のひざの上や、足元に置いている人を見かけます。これでは、危険なようです。まず、足元に荷物を置いており、急に揺れて衝撃を受けたします。足元の荷物が通路などに飛んでいってしまい、避難の妨げになってしまう恐れがあることが、足元に置いてはいけない理由です。
また、後ろから衝撃がきたときは、前かがみになることが安全という場合もあるようです。しかし、ひざ上に荷物を置いていると、前かがみになることができません。ひざ上に荷物を置いていると、自分の危険を招いてしまうようですよ。

■トイレなどに行くときに、座席に荷物を置くのもダメですよ!

座席の上に荷物を置いているときに、衝撃などがおきてしまうと、荷物が飛んでいってしまうことがあり危険です。確かに、飛行機が揺れたり衝撃を起こすことはあまりないでしょう。しかし、離陸するときの迫力を考えてください。また、レールの上を走っている新幹線と違い、空は何があるかわかりません。
急な衝撃によって飛んでいった荷物によって、人に迷惑をかけないようにしなければいけません。

■荷物を置く場所は、座席下か上部収納スペース

自分の座る座席の下には、荷物を収納するスペースがあるようです。ここに荷物を置いておけば、揺れても飛んでいくことがありません。また、一番定番の置く場所は、上部の収納スペースでしょう。少し面倒ですが、上部収納スペースに入れておけば確実です。

■まとめ

飛行機に持込んだ荷物を、足元や座席の上に置いておくと、飛行機が揺れたときに飛んでいってしまうことがあります。もしも、何かの事故によって衝撃を受けたときに、荷物が通路に飛んでいってしまっては、避難の妨げになりますよ。

持込んだ手荷物は、座席下の収納スペースに置いておくか、上部収納スペースに入れておきましょう。